IoTへの応用

FlashAirでIoTシステムの運用

通常のSDメモリカードの代わりに無線LAN機能を搭載したFlashAirを組み込むことで、さまざまな機器がIoTデバイスになります。 このIoT化を支援するシステムやWebサービスについてご紹介します。

Webサービス

アプリケーション

IoTスターターパック

提供: 株式会社KYOSO

IoTスターターパックは株式会社KYOSOが提供するSDカード対応機器のIoT化システムです。中でもFlashAirパターンは、ロガーやカメラなどからFlashAirに書き込まれたデータがLTEルーターを経由してほぼリアルタイムでAmazon S3に書き込まれ、自由に取り出すことができます。CF(コンパクトフラッシュ)対応の機器でも、CF/SD変換アダプタを介して利用することが可能です。

遠隔地に設置したロガーの計測値をデータ回収の手間をかけずにリアルタイムで確認したり、カメラで撮影した画像をクラウドで画像認識にかけ、異常をすばやく察知することができます。

詳しくはこちら: https://iot.kyoto/iot-starter-pack/

IOT STARTER PACK

Web遠隔監視システム

提供: 株式会社金沢エンジニアリングシステムズ

株式会社金沢エンジニアリングシステムズの提供するWeb遠隔監視システムは、工場などの生産現場で使われるPLCやデータロガーに書き込まれた数値データを、センターや事務所などの離れた場所から監視することができるFlashAirを使ったIoTシステムです。

専用の機器を準備することなく、シンプルな機能と簡単な設定。リーズナブルな導入費用でIoTを始めることができます。

詳しく見る

dalchymia


FlashAir IoT Hub

提供: FlashAir Developers

FlashAir IoT Hub: https://iot-hub.flashair-developers.com/

概要

FlashAir IoT Hubは、無線LAN搭載SDメモリカード「FlashAir」を活用した機器のIoT化を支援するためのWebサービスです。 IoTシステムを運用するために必要な、「FlashAir」を活用した機器やユーザーの登録や管理や認証、遠隔からのデータ取得や保管などを提供します。

例えば、「FlashAir」に書き込まれたCSVや、GPIOの値を画面に表示したり、FlashAir IoT Hub経由でGPIOを操作する事が出来ます。

更に使い方を詳しく知りたい方は FlashAir IoT Hubチュートリアルをご覧ください。

Alliot(アリオット)

提供: ソーバル株式会社

Alliotは、ソーバル株式会社のIoTクラウドプラットフォームです。FlashAirを組み込んだIoT対応デバイスを、Alliotを通じてサービスと連携させることができます。

IoT 開発キット

Alliotの「IoT 開発キット」は、IoT 機器を開発するための OS とネットワークプロトコルスタックが一体化した SDKです。
「IoT 開発キット」を、FlashAirと組み合わせて利用することで、すぐに IoT サービスの試作、検討ができます。

詳しくはこちら: http://www.sobal.co.jp/business/iot-kit.html

dalchymia

FlashAir File Manager

提供: FlashAir Developers

概要

FlashAir™の無線LAN機能を使い、FlashAir IoT Hubを経由する事で離れた場所からFlashAir上のファイルを閲覧、ダウンロード出来るアプリケーションです。 本アプリケーションはオープンソースで提供されており、ライセンスの範囲においてソースコードの改変、アプリケーションの配布を行う事が出来ます。

ご利用には FlashAir IoT Hub のアカウント登録が必要です。詳細は チュートリアルを参照してください。

FlashAir File Manager

ソースダウンロード、使用方法は こちらをご覧ください。